投稿者「admin」のアーカイブ

金利が高めで頻繁に受け取れるFXのスワップ

外貨は、全体的に政策金利が高めになっています。日本と比べると、外貨の金利は高めに設定されていますし、スワップポイントを稼ぎたいと思っている方も多いです。実際FXのスワップポイントには、頻繁に受け取れるメリットがあります。

預金商品の利息の主な2つのデメリット

多くの方々は、銀行にお金を預けています。銀行にて普通預金の口座を開設した上で、自分の資産を預けている方も少なくありません。
ちなみに銀行にお金を預けておけば、利息も付きます。1年に1回ぐらいのペースで、その利息を受け取れるシステムになっている訳です。
ただ銀行の利息には、2つのデメリットがあります。1つ目は金利の低さで、0.1%未満になっている預金商品も少なくありません。それだけに、なかなかお金が増えないケースも多いです。
2つ目のデメリットは、利息を受け取れる頻度です。上述の通り、1年に1回ぐらいの頻度でしか受け取る事ができません。金融機関によっては、もう少し頻繁に受け取れる事もありますが、それでも年2回ぐらいになる銀行が多いです。

金利が高めな外貨の金利

ところでFXで外貨の買い注文をしていれば、同じく金利を受け取ることはできます。厳密には、銀行の金利とは少々異なるシステムになりますが、結局はお金を受け取れる仕組みになっています。若干のリスクはありますが、その数字の高さに魅力を感じている方も多いです。
例えば南アフリカランドやトルコリラなどの外貨は、総じて金利は高めです。銀行の普通預金よりは利息は高いですし、高金利外貨の買い注文をしている方も少なくありません。
ちなみに金利がどれぐらいになるかは、それこそ情勢次第です。政策金利に左右されますし、各国の状況に左右されます。南アフリカランドなどは、年利10%ぐらいは期待できるという声も多いです。FXの取引のやり方次第では、20%や30%ぐらいにすることもできます。

細かい頻度で受け取れるスワップポイント

そして冒頭でも触れた通り、スワップポイントには受け取り頻度に関するメリットがあります。預金商品のように1年に1回という頻度ではありません。
というのもスワップポイントの場合は、1日単位で受け取れる仕組みになっているからです。半年に1回や1年に1回などでなく、かなり細かい頻度で受け取れます。ですから「預金商品よりはFXの方が魅力的」という声も多いです。
ちなみに株式取引にも、優待制度や配当などの仕組みはあります。しかし株の場合は、受け取り頻度はやや不安定という声も多いです。その点FXのスワップポイントは、比較的安定しています。